スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
脱・○○○スピリチュアル
2015-04-25 Sat 11:23
ここのところ、リーフレット作成でいっぱいいっぱいで、ブログに書きたいことがどんどん頭に浮かんでくるけど書く余裕なしの毎日でした

夢うつつのときにブログを書いていることはよくあるんですけどね(笑)
スラスラと書ける書ける!
自分でも拍手ボタンを押したいような記事が!
これが現実だとどんなに楽か

…で、書きたいことがどんどん頭に浮かんではきてたけど、「そろそろ更新しよう」とパソコンに向かうと別のことを書くことになるといういつものパターンで、今回のタイトルは

「脱・○○○スピリチュアル!」

どうしてこのタイトルになったかというと~

心の赴くままに…私がよく使っているこの言葉のとーり、何も予定のなかった先週の水曜日、リーフレット作成を休憩して、気分転換に2ヵ月ぶりにイオン宮崎店に行ったのですが

特に欲しいものはなかったのでブラブラキョロキョロしながら、書店にも入ってみたところ

どこまでも楽したい私にぴったりの「楽ウマ」料理本がたくさんあって見てるだけでワクワク!
[ビリギャル」や「かくかくしかじか」…他にも面白そうな本をパラパラ見ながら、一番奥まで行ってみると、「精神世界」「宗教」コーナーが

びっくりするほどスピ系の本がたくさんありました~

こんなふうにここに来たってことは、「もちかちて(もしかしてでしょ)何かあるのかな?」なんてことは全然考えずに(考えないんだ)見つめていると(見つめて?)、面白そうな本と目が合ってしまいました(目が合うってまったく…)←カッコ内は久々の登場Mちゃんのつぶやきだと思ってください

その本の推薦文に、

ゆるふわスピリチュアルに違和感を感じ出したあなたへ。
真理について誤った概念を持つぐらいなら何ももたないほうがいいと感じているあなたへ。

脱・その時だけ気持ちいいスピリチュアル
脱・分かった気分になるスピリチュアル
脱・どうしていいか分からないスピリチュアル


こんなことが書いてあるじゃないですか!

「ゆるふわスピリチュアル」にはだいぶ前から違和感あっていつの間にか離れていったし、「その時だけ気持ちいい」スピもやってないし、どうしていいか分からなくなってないし、でも、その本の周りにあるスピ系本とは違って、どんな人がどんなことを書いているのかなぁと興味をそそられ、珍しく書店で本を購入。

読んでみると、なかなかおもしろいです。

第2章にはこんなことが書いてあります。

パワースポットという言葉をよく聞く。
パワースポットで実際に力を得たり、何かのお守りや石などのツールを大事にする人は、自分ではなく、自分の外に特別な力があると信じている次元を生きている。だから、実際に効果がある。精霊エネルギーだか、神社かどこかの名所のエネルギーだかが、自分のそれよりすごいと思っている。もっと細かく突っ込むと、自分のパワーが枯渇することがあり得ると信じている。他からもらわないと足りなくなると信じている。自分独力では十分ではないと信じている。しかし、次のことに覚醒すると事情が変わってくる。

あなたは、神である。
あなたの正体は、無尽蔵のエナジーを秘めた神意識である。
あなたと世界とは、一体である。
あなたは、世界そのものである。

私は、これに気づいてからというもの、自分がどこにいようが関係なくなった。自宅にいても、近所を歩いていても、どんな特別な場所に旅行に行こうと関係ない。気分転換になる、という違いくらいはあるだろうが。
こことか、あそことか、あそこじゃないとだめとか、ここはしょぼいとか、そういう価値判断が消える。どこでも同じ、という境地を得る。どこだって、無限のソース(根源)につながれる。そしてそれは、コンビニのように二十四時間営業。

私のいる場所が、私のパワースポットになる。

私には、どんな高価な護符もツール(パワーストーンなど)もいらない。私自身が、すべてだからだ。自分の外に、もっと高いエネルギー源があるとか、そこからもらわないと私は不足する、というのは幻想だ。確かに肉眼の目には、自分と世界は分離しているように見える。でも、実は一体なのだ。そこに境界線は、本来ないのだ。


エリック・パールも「リコネクション」に同じようなことを書いています。

でも、今、ゆるふわスピリチュアルが好きな方はそのまま続ければいいし、パワースポットに行きたい人は行っていいし、パワーストーンやお守りが必要な人は持っていていいし、引き寄せの法則や新月の願い事などの願望達成の方法を実践している人はやりたいだけやればいい。自分に今、必要だと思うことがあれば何でもやっていいと思います。そのうち、その人に必要なタイミングで、必要な「気づき」があると思うので…。

気づいたときに、要らないものを手放すことができます。

「無限の一体感の中で生きる」ことができるようになると、自分の外側に何かを求めたりしなくてもよくなってきます。

数年前まで、パワーストーンを身につけていないと不安だった私も、今は、たまに「今日の服にはアクセサリーがあったほうがいいかな」と思うときに、服に合う色のペンダントやブレスレットをアクセサリーとしてつけることはあります。
過去のブログにも書きましたが、懇願の祈りや加護の祈りもしなくなりました。こんなふうに変われるなんて、数年前はぜんっぜん思ってなかったです(笑)

外部への依存がなくなったおかげで、今、リコネクティブ・ヒーリングのセッションをとても楽しくさせてもらっています。感謝です。

「ゆるふわスピリチュアルはやってないけど、チヨちゃんの髪形や服装は、いつもゆるふわだよね」と思ったMちゃん、今日は拍手ボタンを2回押してね いま携帯に登録している友達で「Mちゃん」が何人いるか数えたら11人もいたけど、私がブログやってることを知っている「Mちゃん」は3人

3人のMちゃん、よろしくね
スポンサーサイト
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セッションを受けるにあたっての注意事項
2015-04-22 Wed 17:41
リコネクティブ・ヒーリング®のセッションを受けられる方へは、事前にメールでもお伝えしている注意事項です。

   <セッションを受けるにあたっての注意事項>

マッサージベッドに仰向けになっていただきますので、リラックスできる服装でお越しください。
最も楽な姿勢を取ってもらうことを優先してセッションを進めますので、仰向けになることが難しい方は、その旨をお伝えください。

セッション前に、お客様の内情、情報はお聞きしませんので、詳しくお話になる必要はありません。

セッション中に嗅覚的体験をされるかもしれませんので、ご自身の香りと混同して体験を無効にしないため、香水、芳香、アロマ、整髪剤などのご使用は控えてください。

現在、通院中でお薬を飲まれている方は、通常通りお続けください。

過度な空腹や満腹を避け、おなかの状態が気にならないようにしてお越しください。

アクセサリー・時計・パワーストーンなどは、つけたままで結構です。

セッション前後、他のエネルギーワークはお控えください。できるだけ長くご自身のエネルギー状態のままであることをお勧めします。

セッション中は、着信音が気にならないように、携帯電話をマナーモードに設定するか電源を切っていただきます。

セッション中は、良いことをイメージしたり、「無」になるように努力されなくても大丈夫です。
ただ、リラックスして、体感を観察するように楽しんでください。

セッション後にご感想をお聞きしますが、どのような体験をされてもプラクティショナーはそれについての解釈は行いません。

何を受け取る必要があるのか、その結果として何を得るべきかということは宇宙の叡智が知っていますので、セッション中の体験や結果に執着せずに、セッション後のプロセスに目を向け、ご自分の変容を観察してみてください。

セッション後の好転反応はありません。

リコネクティブ・ヒーリング®は医療行為ではありません。また、何らかの治療を否定するものでも、それらにとって代わるものと主張するものでもありません。医学的な治療に関しては、専門機関の指示を仰いでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この一ヵ月、苦手なパソコンに向かい、昨日、やっと、なんとかリーフレットが完成しました
説明文を考え、表紙のデザイン、文字のサイズや色、画像の配置…。ほんとに大変でしたが、セッションも受けてくださったパソコンの先生(体験談3)や友人たちの協力を得て、いい感じに出来上がりました。感謝です
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
セッションルーム
2015-04-08 Wed 16:37
リコネクティブ・ヒーリング®のセッションをスタートして一ヵ月
対面セッションはこんなところでやっています

レンタルサロン


宮崎市内のセッションルームです
とてもセンスのある素敵な方がプロデュースされているサロンでセッションをさせていただいています。




レッスン室ベッド


こちらは、私の実家(児湯郡)の敷地内にあるピアノのレッスン室です(^^ゞ
近辺にお住まいで、レッスン室でもOKの方は、こちらでセッションをさせていただいています。
レッスン室なので、普段はマッサージベッドは折りたたんで邪魔にならない場所に置いてます。


友達に写メしたら、「いい感じじゃん!『音楽とヒーリングの小部屋・シェ・チヨ』なんてね!」と返信が(笑)

エリック・パールは5年前、詩人の銀色夏生さんとの対談で、「ヒーリングというのは、命の音楽です。愛と光の音楽です。」と話しているので、『音楽とヒーリングの小部屋』というネーミングも悪くないかも


エリック・パールのサイン


このマッサージベッドは、セミナーで使用されたベッドで、エリック・パールのサイン入りなのです
セミナー会場には50台ぐらいのマッサージベッドが準備させていましたが、セミナー終了後に販売されると聞いていたのでサインが入っていなくても申し込むことに決めていました。色は4色あったので、ライラックを希望していましたが、届いたのはオフホワイト。

さすが宇宙 私が家具を全部ホワイトに統一しているから合わせてくれたのね(笑)

セミナー初日はサイン会で数百冊の本にサイン。セミナー開催中にはマッサージベッド50台全部にサイン。
まぁまぁまぁ…エリック・パール様、本当にお疲れ様でした。

エリックは、日本が大好きらしく、セミナーでは「幼少の頃に住んでいたロサンジェルスの家は日本家屋だったんだよ。来日中、僕は日本人のつもりで外を歩いているけど、みんな僕を外人だという目で見るんだよね。」と私たちを笑わせてくれました。

銀色夏生さんとの対談でも「ぼくにとって日本というのは、特別な意味があるんです。4~5歳のとき、僕は日本に魅了されました。中国とか韓国じゃなく、日本なんです。僕は、いつも自分の中で何かが欠けていると思っていたんですが、日本に来て、ようやくパズルのピースがはまった気がしたんです。まだ、全体像は見えないけど、ピースが欠けている感じはなくなりました。」と話しています。

対面セッションは、マッサージベッドに仰向けに寝ていただきますが、私は本を読む前まで「どうして横にならないといけないんだろうと思っていました。本にはこう書いてあります。
『主な理由は、ほとんどの人たちにとってこれが最も快適な姿勢であるだけでなく、自分たちの体験を最大限に受容および認識できるようにしてくれる。最も「オープン」な姿勢だからだ。』

ただ、クライアントさんには最も楽な姿勢を取ってもらうことを優先してセッションを進めますので、仰向けになることが難しい方や、身体の部位に問題を抱えておられる方は、その方が快適に受けられるよう対応させていただいております。

また、何かを感じたり、聞いたり、目を閉じているのに何かを見たり、香りをかいだり…というような体験をされる方もいらっしゃいますので、どちらのセッションルームでも、セッション中はカーテンを閉め、明るすぎも暗すぎもしない照明で、音楽などを流さず、香りのしない空気の綺麗な部屋にしています

セッション時間は約30分です

回数ですが、基本的には1回~3回でその人に必要なことが確実に起こり始めます。
ご自分の感覚・直感で必要と思われる回数をお選び下さい。

セッション後に、日々の物事の展開が加速していく人もいます。
半年や1年など時間が経過して、大きな変化が訪れたり、何かの節目にまた受けたいと思われたら、改めて1回~3回程度お受けになると良いと思います。

ヒーリングは終点ではなくて道程なのだ。セッションが終わっても、ヒーリングのプロセスが止まってしまうことはない。なぜなら終わりなどないからだ。あなたは常に今よりも良い状態へと進化できるのだ。(中略)
セッションは何回必要なのか?ヒーリングを受け入れるのにかかる回数だ。二つとして同じ形の雪片がないように、二つとして同じヒーリング・セッションはない。患者に関しても同じことが言える。ある人は数回のセッションを選択するかもしれないし、またある人は一回のセッションを選択するかもしれない。これは治療ではないし、継続的にやってくることが要求されるわけでもなければ、望ましいわけでもない。(中略)
また、このヒーリングの目的は、処理することではない。患者は泣いたり、過去の苦しい体験を思い出しながらマッサージベッドに横たわっている必要はないのだ。「痛みなくして得るものなし」という概念は、もはやまったく適用されないのだ。
(リコネクションp241-243)


新たな扉を開け、加速する変容の旅を、光輝く笑顔で軽やかに進んでいきましょう!
お問い合わせ&お申し込みはunusual space ☆Light Smile☆ 090-7454-2350(C-mail可)


リコネクティブ・ヒーリング®は医療行為ではありません。特定の健康問題の診断、及び治療を行うものではありません。現在お受けになっている医学的治療やそれらの管理、またお客様の健康管理は、お客様ご自身の責任において行なっていただきます。対面セッションをお申し込みの方は、セッション前にこれらのご注意事項にご承諾のご署名を頂いておりますが、遠隔ヒーリングにお申込み頂いた方は、お申込みの時点でご承諾下さったものとさせて頂きますので、ご了承ください。
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
ご体験談
2015-04-01 Wed 13:57
10年以上前からお付き合いがあり、お世話になっているK・Mさんは、2年前に私がセミナーの仮登録をしたときに「プラクティショナーになったらセッションお願いね」と誰よりも先に予約をしてくれました。

その後すぐに本も購入して読まれたようで、昨年末お会いしたときに、私が東京でのセミナーに参加することが決まったことを報告すると、再度セッションを申し込んでくださり、セミナー前にセッション日も決定(笑) 場所は、私の実家の敷地内にあるピアノのレッスン室ですることになりました。

3月28日(土)お仕事でお忙しい中、時間を作って来てくださいましたが、始める前から「どうしよう何も感じなかったら どうしよう急に笑ったり叫んだりしちゃったら」と不安げな様子(笑)

そこで私は、一般入場枠があり誰でも参加できた2月27日のイブニングセミナーのデモンストレーションで、小学生の男の子(11歳)が腕が上まで上がらない女性にヒーリングしたときの話を少しさせていただきました。男の子はエリックに教えてもらったやり方で、ステージ上のマッサージベッドに腰かけていた女性に数分間ヒーリングをしました。その女性の腕はすぐには上がりませんでしたが、エリックが「力を抜いて」と何度かゆっくり優しく腕を動かしてあげると、腕がスーッと上まで上がりました。

これは、エリックが直接腕を触ったから症状が改善したのではなく、男の子がヒーリングした時点ですでに結果は出ていたのです。でも長年腕を上げることができなかった女性は、「そんなに簡単に治るはずがない」という思い込みもあったでしょうし、腕を動かすことが怖かったかもしれません。エリックはその女性の気持ちもちゃんと分かっていて、「大丈夫、力を抜いて」と、ヒーリングを受け取っていることを女性が受け入れることができるようにサポートしてあげたのだと思います。

受け取ることを受け入れる←これです」とK・Mさんに話すと、「なるほど~」と(笑)

この言葉が深~いところに入っていったようで、少し落ち着かれたのでセッションを始めました。

初めての経験なので、始まる前はとても緊張していました。
始まったのが2時半くらいで、「3時くらいまでですね。」と言われてマッサージベッドに横になりました。

緊張していたわりに、始まるとすぐに寝てしまったようで、いろんなものを見たような気はしましたが、まったく覚えていないです。少しかもしれないし長かったかもしれませんが、途中でフッと目が覚めて、パチっと目を開いたのはハッキリと覚えていて、その時、左側にチヨさんが立っていたのを見て、自分がセッション中だったことを不意に思い出しました。

なんと、寝ていた時は、チヨさんのご実家に来ていたことも忘れていたのです(苦笑)

すぐにまた目を閉じると、まず見えてきたのが、六角形の蜂の巣のような模様とその中に回る数字でした。数字は自分から見て左が上になるように回っていて、『ドラマ24』の時間がクルクル回るような感じで、ほとんどの数字なのかは分からなかったけど、なぜか「6」と「9」は見えた気がしました。

そのあとは、青紫色の何かの中に赤い筋が、まるで泉のように目の前に湧き出てくるのが見えました。湧き水が湧いているところに色がついている感じです。湧き水は下から上に湧きますが、目の前でそれが起こるので、下に湧いてくる感じ・・・というのかな?不思議ななんともいえない色の嵐でした。

あとは、脳みそが額から湧いてくるようなものだったり、最初見た数字だったりが、グルグルと頭の中に降りてくるように回っていて、そのうちに外がちょっと騒がしくなって(消防車のサイレン音がしたり、チヨさんのお母さんの話し声が聞こえたので・・・)少し部屋の外が気になりましたが、そのうちに3時の時報の音楽が流れ、音を切っていたはずの携帯のバイブが鳴りました。それで、もうそろそろ終わる頃かなと思いながら終了の合図を待っていました。

終わってから、チヨさんにセッション中のことを話したのですが、チヨさんのご実家のある町では3時に時報の音楽は流れないそうで、よく考えてみるとその音楽は、私の住む隣町の3時の時報の音楽でした。聞こえるはずのない音楽がなぜ聞こえたのでしょう。携帯もバイブ自体を切っていたので鳴るはずがありません。バイブの音はチヨさんも聞こえたそうで、「音がならないようにって頼んだのに」と思われたとか。すみません、いやいや、すみませんではなくて携帯が勝手に反応しちゃったのだからどうしようもなくて…。

なんとも言えない不思議な体験でした。今後何が変わるのか分かりませんが、楽しみになりました。
こんな不思議な体験をさせてくれたチヨさんに、感謝です。ありがとうございました。


セッション後に、忘れちゃうといけないからと、レッスン室にあるパソコンに上記の文章を残してくださいました。
本当に、セッション中の体験は人それぞれですね。おもしろいです。
K・Mさん、ありがとうございました 今後、また何かありましたら教えてくださいね 
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 時空を超えて ~ infinity ~ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。