スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
貸し出ししてます(^^)/
2015-05-31 Sun 13:41

本リコネクション


リコネクティブ・ヒーリング®のセッションを受けられる方の中には、前からこのヒーリングのことを知っていたという方や、本を読んでいた方もいましたが、初めて知ったという方がほとんどです。私もそうでした。

リコネクティブ・ヒーリング®は、1993年にロサンゼルスのカイロプラクティック医師 エリック・パールが始めたヒーリングですが、スピリチュアルなものに一切興味がなかったエリックが、なぜ、ロサンゼルスで最も繁盛していた治療院を手放してまで、このリコネクティブ周波数を広めることになったのか、その経緯と、リコネクションの哲学が書かれた本『リコネクション』は、アメリカで2003年に出版され、39カ国に翻訳されています。

日本では2006年に日本語版が出版され、初セミナーが開催されました。
その後、2010年まで毎年、日本でもセミナーが開催されていたのですが、リコネクションアメリカ本部が、出版社との契約を終結、本も2011年の第8刷りの発行を最後に、現在は絶版となっています。

私は、2013年1月に、友人が『リコネクション』(第8刷)をプレゼントしてくれたおかげで読むことができました。第8刷りは、訳者の久美子・フォスターさんが、「翻訳が少しでも原文の伝える情報に近づくように」と、エリックと何度も原稿の推敲を行い、完成させたものです。

「訳者あとがき」にはこう書いてあります。
この本を読み進めていくと、このヒーリングのあまりのシンプルさに戸惑いを覚えるかもしれません。恐れが物事を複雑にしてしまうのに対し、神・愛・宇宙に対する信頼がこのヒーリングをここまでシンプルなものにしているのでしょう。この斬新なヒーリングについて学びながら、自分の周りに張りめぐらしている制限や思い込みに気づいていただけたらいいなと思います。

私はセッションを受けた後も、本を読む気はなかったので、友人がプレゼントしてくれなかったらずっと読まずにいたかもしれません。この本を読んで、セミナーが開催されるまでの2年間、思い込みや制限に気づき、それを手放すことができたので、どんどんシンプルに、楽に生きれるようになりました。友人には本当に感謝しています。


ザ・ゲート


2013年10月末に、本田健さんの翻訳で、角川書店から改訳本「ザ・ゲート」が出版されました。
原書から1/3以上の内容を削り要約してあるので、とても読みやすくなっています。一番目にセッション体験談を寄せてくれたMikaさんは、この本を購入して読んでいるそうです。

「リコネクション」は、今では絶版となっているため、アマゾンの中古でしか購入できませんが、読んでみたいという方には本をお貸しいたしますので、ご連絡くださいませ 090-7454-2350  

只今、エリックと同じくスピリチュアルなものに一切興味がなかったMちゃんに貸出中です

Mちゃんは、私がプラクティショナーになってすぐに、ご両親へのプレゼントヒーリングを申し込んでくれました。家族想いで優しいMちゃん、自分も幸せになっていいんだよ~ 
スポンサーサイト
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
足るを知る
2015-05-16 Sat 14:55
実家の母親は、じっとしていることができない人で、いつも早朝からバタバタ…気忙しく動いています。出かけることも多いし、ご近所さんや友人知人がちょくちょく訪ねてくるし、庭の花の手入れなどもあり、「あ~忙しい」とブツブツ言いながら一日があっという間に過ぎて夜はバタンキュー

父親は穏やかで優しく、母親が家の中を気忙しく動く回ってうるさくても、上から目線で用事を言いつけられても我慢して辛抱してきた忍耐強い人。

そんな父親が最近、少し忘れっぽくなったと、母親がイライラして私に不満をぶつけてきました。
母親自身も、体力の衰えや、前みたいにできなくなったことが増えてきて「老い」というものを受け入れられないのか、元々、建設的な言葉は使わない人でしたが、最近は特に不平不満を口にすることが多くなってきて、実家に帰ると私までイライしてしまって嫌になっていました

父親が、少しくらい忘れっぽくなったことを、どうしてそんなにイライラしないといけないのか…。

「認知症になったら大変やがね」と言う母。

昔から、どうなるか分からない先のことをいつも心配して疲れている母親を見ていて、こんなふうになりたくないと思ってきた私。

この前、実家に帰ったときは、思わず「足ることを知るって言葉があるやろ」と母親に言いたくなりましたが、ぐっと堪えました。

真面目に頑張って働いてくれた父のおかげで今の生活があり、家の中も、庭も、母親の好きなようにさせてくれて、毎日、洗濯物を取り込み畳んで、ゴミ出しも手伝ってくれる優しい父、そんな父に対しても、今の生活ができていることにも「ありがとう」と感謝の気持ちで毎日を過ごすことはできないのだろうか。

不平不満ばかりを言う母親を見ていて、ふと、私は不平不満を口にしてないかな?と考えてみました。

言ってる言ってる…気をつけないと

目の前にいる人は、自分の心を映し出す鏡になってくれていることがあります。

このブログに「懇願したり、加護の祈りをやめて、感謝の祈りにかえました」と書いてきた私が、この頃、感謝することを少し忘れていたように思います。

お風呂で体を洗うときは、身体に「いつもありがとう」
洗顔後に化粧水をつけながら「お顔の細胞さん、ありがとう」
寝る前に、今日も一日頑張った自分に「ありがとう」
私の人生に登場してくれている人たちに「ありがとう」
朝、目覚めて、素敵な朝を迎えられて「ありがとう」

今、生きていて、家族がいて、友達がいて、食べるものがあって、見える、話せる、身体が動く…当たり前と思っていることに、また、前みたいに意識して「ありがとう」と言うようになりました。

最近、忘れかけていた感謝の気持ちを思い出させてくれた母親に「ありがとう」
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
導管・触媒
2015-05-10 Sun 11:55
前回は、「脱・○○○スピリチュアル」というタイトルのブログでしたが、リコネクティブ・ヒーリング®も、ゆるふわでもなく、その時だけ気持ちいいヒーリングでもないし、プラクティショナーが分かったふりして解釈したりもしません。

そして、プラクティショナーがクライアントをスキャンしたり、エネルギーを送ったりすることもしません。クライアントの身体には触れずに、ただこの宇宙からの周波数の導管となりそれをクライアントに同調(共振)させるだけです。

「ヒーリング」というと、どうしても、ヒーラーがエネルギーを送ると思われてしまいます。そして、そのヒーラーになる人も「特別な能力を持っている人たちなんでしょう?」とよく聞かれます

エリック・パールは、銀色夏生さんとの対談で、「リコネクティブ・ヒーリング®は、従来のヒーリングの神秘的な側面を、全部取り払うことができます。そろそろヒーリングを起こすのはやめましょう。それを超越して、ヒーリングそのものになるんです」と言っています。

何かを『加え』ようとすること、『改善しよう』とすることは、そこに顕現しているものを僕たちから、そしてその完全性から、どんどん遠くへ押しやってしまうことになるだけだ。(リコネクションp186)

リコネクティブ・ヒーリングを行っているとき、診断するとか、原因を探るということは不要なばかりか妨げにさえなるかもしれない。僕が患者について知っていることが少なければ少ないほど、うまくいくことが多いと僕は信じている。なぜなら、その方が、意識的にしろそうでないにしろ、セッションを指揮しようとしないからだ。指揮しようとしなければしないほど、その分、宇宙に指揮する余地を与えることになり、より素晴らしい効果を得ることができる。脇にどいているときに、あるレベルの優雅さとやすらぎが生じるということなのだ。
ヒーリングにおける僕たちの役割が、正確には、いったい何なのかということを、絶対的な確信を持って知ることはないかもしれないが、神や普遍的知性を出し抜くことではないことは確かだ。
(リコネクションp192)

このヒーリングの概念を理解してもらうのは難しいのですが、たまに、詳しく説明しなくても「なるほど~もうそういう時代になったのですね」とすぐに分かってくださる方との出会いもあります。

敏感肌の私でも安心してパーマやカラーができる美容室がないかと探していたときに出会い、8年前からお世話になっている「イチロー美容室」(宮崎市恒久)のご夫妻は、ご主人の一郎さんの病気をきっかけにビーワン水を使った施術をされています。一昨日、4ヵ月ぶりにパーマをかけてもらいましたが、リコネクティブ・ヒーリング®のリーフレットを奥さまの京子さんにお渡しすると、サッと目を通されただけですんなり理解してくださって、「プラクティショナーはこの周波数の導管(触媒)になるだけなんです」とお話すると、お二人揃って「ビーワンと同じですね~」と、リコネクティブ・ヒーリング®にもとても興味を持ってくださいました。

一郎さんは、私が「セッション前にクライアントさんの情報を詳しくお聞きしませんし、セッション中の体験についても解釈しないんです」と話せば「ん~素晴らしい!」

「すべてを委ねるんです」と言えば、またまた「素晴らしい!」と(笑)

何を話しても「素晴らしい!」(笑)

そして最後は、私の髪に触れながら出来上がりを確認して、「ん~いいですねー」とご満悦のようでニンマリ

毎回こんな感じなので、私はいつも心の中で「おいおい、私が満足したかどうか聞いてよ!」と思いながら鏡越しに一郎さんを見ているんですけど気づきません(笑)

それがいつも面白くって

一郎さんは天然です…って、学校の生徒たちから「ザ・天然」と言われた私が言うなって?

奥さまの京子さんから「チヨさん、すごくイキイキしてる プラクティショナーになられて良かったですね」と言っていただきましたが、一郎さん&京子さんとの会話がとても楽しかったからですよ~

イチロー美容室では、頭皮洗浄(ヘッドスパ) もされています。気持ちいいですよ~
別窓 | 2015 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 時空を超えて ~ infinity ~ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。