Welcome to my blog

2017

新しい世界へ

0 0
ほとんどの人は、年とともに老いていき、寿命がくれば死ぬと思っている。
(去年までは私もそう思っていた)

そして、前世や来世を信じている人は、また生まれ変わると思っている。
(私は、地球での生まれ変わりは最後のつもりでいたけど)

でも、年とともに老いて、寿命がくれば死んで、また別の肉体に生まれ変わるというサイクルは、時空間のある世界で起こっていることで、時空を超えた領域では生老病死という概念はないのだ。
(ということを去年やっと気づいた私…

私たちの意識は、元々は時空を超えた領域にあるけれど、この世(時空間というものがあって形もある世界)にどっぷり浸っているために、内側から発するものを投影したこっちの世界を観察しているということを忘れてしまっている。

時空を超えた領域、そこに私たちの原点がある。

すべての源・中心・ゼロポイント・ 空(くう)・無
 
そう、時空間も形も何もないところ。

時間というものはないから、過去も未来もない。だから本当は老いることはない。

このことを知っている(覚えている)人もいたと思うけれど、少しずつ気づいた(思い出した)人たちが増えてきたからか、テレビを観ていたら、何かのコマーシャルで不老不死の登場人物が出ていたので少し嬉しく思った。

私たちの内側から発生したものが形ある世界に創られるので、 不老長寿 不老不死は架空のことではなく、本当はそれが当たり前であったことを思い出せば、病気で苦しむこともなく、老いや死への恐怖もない世界を創ることができる。

私たちの本質である意識が本当に観察したい世界は、 時間・お金・場所・物といった、あらゆる制限、限界を超えたところに拡がっている。 

そんな新しい世界を観てみたい。みんなで。
扉






スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply