Welcome to my blog

2018

龍宮へ②

0 0
2015年の大晦日、「明日はどこで初日の出を拝もうかな~」と考えていた時、いきなり『大御神社』と頭にスポーンと入ってきて、それまで好んで行かなかった神社へ2016年元日から行くことになってしまいました。

それ以後、この2年の間に、県内のあちこちの神社へ行きましたが、個人的なお願い事は(当たり前ですが)したことはありません。

私は読んでいませんが、『神との対話』という本がありますね

普段からそうしていますが、神社へお詣りするときも、内側(自分自神)と対話しながら動いています。

以前、「自分自神」という記事を書いたときに、ブログを読んだMちゃんから「Chiyoさんが神ってこと?」と聞かれたことがありました。

そのときは、「あ~、そんなふうに受け取る人が他にもいるかもね~」と笑ってごまかしましたが、私も神ですし、Mちゃんも神です。み~んな神です

みんな、「自分自身」から「自分自神」へ戻る意識の旅の途上にいます

光=根源=創造主=神=宇宙

過去のブログにも「同じことを意味しています」と書いてはいますが、伝わらなかった方もいたようでした。
仕方ありません。自分自神から自分自身に分離したままだと、文字を見ただけでは思い出せないかもしれません。

だから、リコネクト(再結合)する必要があるのです。

「可愛い子には旅をさせよ」ということわざがありますが、私たちは、根源と繋がっているへその緒を切って、制限された時空間の中で肉体をまとい、さまざまな体験をしながら意識の旅をしてきました。

人間の体験をするために、光の存在であることも忘れて旅を続けてきましたが、もう充分に人間界での体験をさせてもらったので、本当の自分を思い出して、新たな体験をするときがきています。

ワクワクするような体験ができる時代がやってきたのです

そのために先ずは、切り離されたへその緒を繋ぎなおして、光の回路を開通させなければ新たなステージへの扉を開くことはできません。

眠っている遺伝子をONにすることで、進化が加速していきます

制限された世界を出て、自分の持つ可能性を最大限に引き出して自由に表現していける新しい世界を体験してみたいと誰もが思っています。

最奥に在る本当の自分の声が聞こえているかそうでないか、です。
聞いてあげてください。自分自神の声を。。。

あ~、また前置きが長くなってしまいました



2018年2月3日(土)節分の日に、Kさんの車で日向市の大御神社へ行ってきました。
2年ぶりになります。

前回は1人で来て、参拝客の長蛇の列に並ぶ気になれずに、拝殿前を通り過ぎてそのまま帰りましたが、今回は2人並んで拝殿前に立ち、手を合わせてきました。

Kさんは大御神社に来るのは3回目だそうです。





ここには書かれていませんが、「君が代」とは、「気身が世」のことだそうです。
気(意識)と身(肉体)の世界ということです。

さざれ石の「石」は、「意志」。

もっと深く知りたくて調べていたら『きみがよものがたり』という素敵な絵本があることが分かりました
公式サイトはこちらです⇒http://www.kimigayomonogatari.jp/#id65

手に取って読んでみたいですね

次の写真はこれです⇩




さあ、今日もという字がこれからたくさん目に入ってきますよ

私は、昇り龍が見れる鵜戸神社へは行ったことがないので、大御神社の参拝を終えてからKさんに案内してもらいました。

龍宮(鵜戸神社)産道入口の写真です。
あ、間違えました。参道入口と書いてありますね。

でも、神社の参道って、実は産道のことなんですよ



龍宮へは、亀さんではなくKさんの後をついていきましたが、狭くて急な石段があったので、気をつけながらゆっくり降りていきました💦



滑り落ちずに無事に辿り着きました~。



そして、鳥居の奥へ入り、振り返って、登り龍に見える角度から撮った写真です。



龍って、どこにいると思いますか?

すべては内側に在りますから、龍も私たちの内側にいます。

神社で手を合わせるときも、神秘的なものを目にしたときも、いつも内側に意識を向けてみてください。

そこから真実が見えてきます。



スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply