FC2ブログ

Welcome to my blog

2018

龍宮へ③

0 0
ひとつ

手を合わせる

右手と左手を真ん中で合わせる

プラスでもマイナスでもなく「ゼロ(中心)」に合わせる

過去・現在・未来ではなく、意識を「今」に合わせる

分離したものをひとつに合わせる

根源と自分の意識を合わせる

光(根源・神)そのものになる

一体になる


太陽

大御神社と鵜戸神社の参拝を終え、次の目的地に向かうため、Kさんのカーナビに『Cafeさんく』さんの住所を入力してもらいましたが、設定できなかったので近辺に設定して向かってもらいました。

すると途中で、カーナビの地図に神社のマークが

この辺にも神社があるんだね~。 あら? Kさん! 龍宮神社だって!!! 行ってもらっていい?

大御神社と違って、鳥居と小さな拝殿があるだけの神社で、車を駐めるところもなかったので、ご近所さんのガレージ前にサッと駐めさせてもらい、拝殿前で鈴を鳴らして来たことを伝えて、Kさんと一緒にサッと参拝して、ササッと車に乗り込み、またCaféへと向かおうとしましたが、ナビはCaféではないほうへ案内していたので、私のスマホで確認しながら、ちょっと遠回りになってしまったのですが何とか無事に辿り着くことができました

ナビがCaféとは違う方向の道を案内したのは、龍宮神社へ行くためだったということは、すぐ分かったので、ナビを責めたりはしていませんよ(笑)

Caféには、2週間前にお友達のMちゃんの車で行ったので、スマホ見なくても大丈夫だと思ってしまった私が創った現実ってことです(^^ゞ

この日は個展の最終日だったので、店内には、画を予約されていたお客さまが来られていて、お一人ずつ日幸 知(KASAI TOMO)さんから直接受け取られていました。

氣龍画とは…

自然や宇宙他あらゆる場所からエネルギーを作品に取り入れ、そのエネルギーが振動共鳴し、波動として発するアートのこと。自然界のあらゆる物の氣、太陽や月の光、大宇宙に存在する神気などを感じ取り、メッセージを龍という形で具現化した作品

なのだそうです。

文章や言葉や音楽ではなく、『画』を観て内側(最奥)に在るものが呼び起こされる。

大好きな書家 金澤翔子さんの『書』も同じですね。

観るだけで、振動共鳴するから心の奥に響くんです✨

私たちの本質は「光」「意識」ですが、私たちだけでなく、目に見えるもの見えないもの、あらゆるすべてのものの創造源は同じです。

画も、形として見えている(ように見える)次元に変換されたものです。

エネルギーを感じ取り、変換作業をされている氣龍画師の日幸 知さんは、とても穏やかにお客様とお話をされていました。

私は時間がなかったので、直接お話することはできませんでしたが、 いつかまたお会いできるような気がしています。

日幸さん、そのときはどうぞよろしくお願い致します

夕陽

この日は、Kさんが午前中 仕事が入り、自宅を出発したのがお昼過ぎていたので、日向滞在時間2時間半で戻ることになりました。

2人とも昼食を取ってなかったので、帰りにどこかで夕飯を食べようということになり、10号線を南下しながらどこに行こうか考えて思いついたのが高鍋駅近くの『和cafe ぐらんま茶寮』

ナビを見ながら向かっていると、Cafeのすぐ近くにまたも神社のマークが。。。

ん?

・・・笑


そして、Kさんは、わざと間違えたわけではないのですが、Cafeに向かっていたのに、また道を間違えて神社の鳥居前に来てしまいました。

神社の名前は…

なんと、ここも鵜戸神社!!!

時間が午後6時で、お腹も空いていたので参拝はしませんでしたが、 高鍋の海の近くにも神社があるですね~。

そのあと、Cafeに着いて中へ入ろうと思ったら、ガーン

ドアに「営業時間が17時までになりました」という貼り紙が

ざんね~ん

仕方ないので、Kさんお勧めの『たかなべ餃子』に連れてってもらい、定食を食べて、家に帰りました。

普段あまり餃子を食べることがなくて、お店も初めてでしたが、とても美味しかったです。お客さんもいっぱいでした!

営業時間が変わったことを知らずに『ぐらんま茶寮』に行くことになったのは、高鍋の鵜戸神社があることを知るためだったのかな?

偶然でないことは明らかですが、あまり深く考えないようにしています。

どうしても気になるときは、またいつかお詣りしようと思います。

NHK-Eテレ「ふるカフェ系 ハルさんの休日」のハルさんのように「ブログをやってるんですけど~」って、店内の写真を載せても良いかお聞きするのを忘れてしまったので、『Cafeさんく』さんの写真は載せていませんが、とっても素敵なところですので、是非行かれてみてくださいね😊  ほっこりしますよ😊

スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply