Welcome to my blog

2018

Happy news from overseas

0 0
医療的なことも含めて、父のお世話をするために、一昨年の7月から約1年間、対面セッションをお休みすることになったのですが、それに間に合わせたかのように、5月に対面リコネクティブ・ヒーリング、6月にリコネクションを受けられ、その後、海外へ移住されたクライアントさまから、今年のバレンタインデーにメールをいただきました

ハート②

Chiyoさん、ご無沙汰しております。
一昨年、リコネクティブ・ヒーリングとリコネクションを受けてから慌ただしく物事が起こり続けて、ご連絡する余裕もなく日々が過ぎてしまいました。

今年になって、新しくなったホームページを覗いてみたら、「セッションを受けられた方へ」メッセージが載っていたので、久しぶりにChiyoさんにメールしてみようと思いまして…。

お役に立てば嬉しいです!

私は、Chiyoさんがリコネクションのプラクティショナーになられる少し前ぐらいからブログを読み始めたのですが、その頃はチャネリングセッションを受けてみたいなと思っていました。

でも、Chiyoさんがプラクティショナーになられたときに、「りコネクションを受けよう!」と気持ちが変わったのです。

私はあまり物事を深く考えない性格なので、気になったら、迷わずそっちに向かっていくのです(^^ゞ

一昨年の3月末で仕事(パート)を辞めて時間に余裕ができたので、Chiyoさんにメールをして、ヒーリングを何回受けたら良いかをご相談したら、「リコネクション前のヒーリングは必須ではないので、ご自身の直感でお決めになってください」とお返事をいただいたので、少しだけ考えて、「よし、3回にしよう!」と決めました!

私は、一番好きな数字が「3」なのです。

リコネクションは、一生に一度だけしか受けられないので、リコネクションに向けて自分の気持ちを高めていきたいとかなり気合いが入っていました(^^ゞ

本当はリラックスして受けるのが良かったのでしょうけど、私は何かするときはいつも気合いが入りすぎてしまうところがあるんです。

主人には内緒で、連休明けからリコネクティブ・ヒーリングを3回受けました。

初日は、Chiyoさんに会うのが初めてでしたので、少し緊張しながら部屋に入ったのですが、ブログで見た写真で受けていた印象と同じで、とても穏やかな優しい笑顔で迎えてくださいました。そして、×××××××××・・・・・・・・・・・・・・。
(ここは、私のことをべた褒めしてくださっているのですが、恥ずかしいのでカットしました。Nanamiさん、ごめんなさい

一日目、説明を聞いているときに、首から上が、カーっと熱くなったのを今でもハッキリと覚えています。マッサージベッドに横になってからは、気持ち良くてすぐに寝入ってしまいました。

二日目は、リラックスして受けることができました。途中で、音楽が聴こえてきたのですが、何て表現したらいいか分からないような不思議な感じのする音楽でした。あと、何回か、両足がピクッと動きました。

三日目は、また気持ち良くて眠ってしまいました。終わる少し前に目が覚めて、目を開けてしまったのですが、ヒーリング中だったことを思い出してすぐにまた目を閉じました。そのときに、瞼の裏辺りでピカッと光ったのでびっくりしてセッションが終わるまで少しドキドキしていたのを覚えています。

3回のヒーリングを受けてから3週間後にりコネクションの予約をしました。時間も3時にお願いしました。どこまで3が好きなんだって感じですよね(笑)

リコネクションを受けるまでの3週間、ヒーリングを受けたときのことを思い出すと、よく体のあちこちがピクピク動くことがありました。それと、何でもないときにもニヤニヤして、主人から「どうしたの? 何か嬉しいことでもあったの?」と聞かれてました。りコネクションが楽しみで仕方なかったのかもしれません。

それと、一緒に生活をしていると主人に対して気になるところが目について、イライラすることがあったのですが、「どうでもいいや」と思えるようになっていました。

リコネクティブ・ヒーリングを受けただけでも、それまでとは違う私を感じることができて、リコネクションを受けるまで少し間をおいて良かったなと思いました。

リコネクションの一日目は、Chiyoさんにヒーリングを受けてからのことを色々とお話ししていたら、20分ぐらい時間が経ってしまいましたが、おかげでとてもリラックスして「すべてをお任せする」気持ちでマッサージベッドに横になりました。

目を閉じたときから、身体中を包み込むような大きな光を感じていました。そして、お腹がぐにょぐにょ勝手に動き始めて、それが落ち着いたと思ったら足の先のほうがビリビリし始めて、そこから頭のほうに向かって電気が流れてくるような感覚がありました。

そのあとは、終わりまでずっと光に包まれたままで、とても安心した気持ちで最後まで寝ていることができました。

二日目は、遠くのほうで話し声がした気がしたので耳を澄ましていると、日本語でも英語でもない、地球上の言語ではないような、、、一人ではなく数人で話しているように聞こえました。何を話していたかは全く分かりませんでしたが、なんだかおもしろかったです。

体感は、一日目ほどではありませんでしたが、手足がピクッと動いたりしました。あーこれがレジスターというものなんだなぁと、冷静に観察できていたと思います。

「一生に一度だけしか受けることができないりコネクションを今、受けてるんだー、これで私も繋がるんだー、再結合! いや~、なんという時間なんだ~!」という思いにふけっていたら、Chiyoさんから肩をトントンされて、終了。

ずーっと、このままでいたいなぁと思いましたが、いつまでもベッドに寝ているわけにはいかないので、仕方なく起きて(笑)、Chiyoさんにセッション中のことをお話しして、そのあと、ハーブティをいただきながら余韻にひたっていました。

Chiyoさんに、「これってエネルギーを使った手術みたいな感じですね」とお話ししたら、ニコニコされていましたが、薬も注射もメスも使わない、宇宙手術?、なんて表現したらいいんでしょうね。

切り離されたものを繋ぎなおす…。
なんたがカッコいいですよね(笑)

リコネクションを受けた日は、ただただ嬉しくて、帰宅後もハイテンションでした。主人にも話したくてウズウズしたのですが、目に見える物しか信じない人なので、いつか、タイミングがきたら恐る恐る?話してみようかと思っています(笑)

そして、どうしてChiyoさんに1年以上もご連絡することができなかったのかというと、実は、リコネクションを受けたあと、主人の海外赴任が決まり、移住することになったんです~。

主人も私もびっくりだったのですが、セッションを受けたときに、Chiyoさんから「リコネクション後は、いろんなことが起こるかもしれませんが、変化を恐れないで、ますます輝いてください」と言われていたので、知らない土地での生活には不安もありましたが、 主人と一緒に頑張っていこうという気持ちになり、すぐに大きな変化を受け入れることができました。

初めての海外生活で、慣れるまでに少し時間が必要でしたが、今はお友達もできて楽しく過ごしています。

Chiyoさんのブログも、また読むことができるようになりました。
ピアノだけじゃなく、ハープも弾かれるんですね!!

すごいな~!
聴いてみたいです、Chiyoさんの演奏♪

主人の転勤で宮崎で暮らしていたときにChiyoさんとお会いできて本当に良かったと思っています。
これもご縁ですね!

宮崎、気に入っていたので本当はもう少し長くいたかったんですけどね…。

あ、それから、もうひとつご報告がありました。
実は今、私のお腹の中には赤ちゃんがいます(*^^*)

私の場合は恵まれていて、誰からもプレッシャーをかけられなかったので自然に任せていました。
妊娠していることが分かったとき、子ども好きな主人は大喜びでした。予定日は7月なので、その前に遠隔ヒーリングをお願いしようと思っています。お腹の赤ちゃんと一緒に受けるリコネクティブ・ヒーリング、すごく楽しみです(*^^*)

一昨年の手帳にセッションを受けたときのことを記録していたので、引っ越しで持ってきていた段ボールを開けて探して、その手帳を見ながら、バレンタインに間に合わせようと思って、3日かけてメールを書きました!

よし、今からChiyoさんのパソコンに送信しますよ~!!

いつか、またお会いできたら嬉しいです。

海を越えて、時を超えて! Chiyoさんのこと、応援しています。

Nanami


ハート④

掲載することはできませんが、Nanamiさんのメールには、ご主人と仲良くデートしている写真が添付してありました。
私も一昨年お会いしたときのことを思い出しましたが、明朗快活という表現がピッタリのNanamiさんとは、お話ししていて時間が経つのを忘れるぐらい楽しかったのを覚えています。
3日もかけて体験談を書いてくださって本当にありがとうございました

それから、Nanamiさんから連絡をいただいた後、数回メールでやりとりしたのですが、「ブログにもっと顔写真を載せてくださ~い!」と要望がありました

でも、あまり目立つのが好きじゃないので、これぐらいならOKかなと思う写真だけを、たまに載せることにしてます。
顔写真をアップで出せる人ってすごいな~と思います…私には無理です


スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply