FC2ブログ

Welcome to my blog

2015

リコネクティブ・ヒーリング®

0 0
わたくし、2月27日(金曜日)から5泊6日で東京へ行ってきます
宮崎で生まれ育った私、人混みが苦手で大都会に行きたいと思わないのですが、仕方ありません。リコネクション日本セミナーが4年半ぶりに開催されるのです

リコネクティブ・ヒーリングと、リコネクションのセッションを受けたのは2012年3月でした。その頃、毎日のように瞑想というものをやっていてメッセージも受け取っていたのですが、人間関係に疲れ心身のバランスが取れなくなっていて、パワーストーンを使ったヒーリング以外は全く興味がななかったのに、急に受けたくなっちゃって
体の上で手をかざしたりするのってなんか嫌だなぁ…なんて思っていたのに、なんでしょうねぇ…不思議です

その時は、リコネクションの本も読まずにセッションを受けたので、どういったものなのかよく分かってなかったのですが、宇宙大戦争(オリオン大戦)で敵だったのに今は仲良し小好しの友人が、2013年元日にプレゼントしてくれました。

ところが、本を読み始めたら、著者のエリック・パールに何故かイライラしてしまって、「なにこれ?」「はっ?」って感じで、ずっとイライライライラ…

なのに最後まで読みました(笑)

…で、タイミングよく2013年中にセミナーが開催されるかもってんで、仮登録までしてしまったのです不思議ですねぇ(笑)

本には「3回読むまでは本当に読んだことにはなりません」と書いてあって「はぁ?」って、またイラっとしながらも3回読んだのですが 3回目読む頃にはイライラしなくなっていました(笑)

ところがところが、タイミングは全然よくなくて、なかなか日本でのセミナー開催が決まらず、結局2年待ちました
その間のことはブログにも書いてきましたが、私の中で「変容」というものが起こりました
あんなにイライラしていたのに、今では変容させてくれた本とエリック・パールに感謝しています

今回のセミナーは、リコネクティブ・ヒーリング・ファンデーショナル・プラクティショナー・プログラムというもので、修了してもできるようになるのはヒーリングだけなんですが、2014年の5月より大きく進化し拡大したセミナーで、Dr,エリック・パールが5日間も参加者の指導にあたるということなので、とてもワクワクしています

タイミング悪かったのではなくて、ベストタイミングだったのですね


リコネクティブ・ヒーリング®というのは、ロサンジェルスのカイロプラクティック医師であったエリック・パール博士が始めたヒーリングなのですが、これまで地球上に存在したエネルギーヒーリングよりも拡大した階域にアクセスし、新たな周波数をもたらすことができるヒーリングで、人間の意志に関らず、宇宙の知性によって癒しが起きるというものです。 癒し手のエゴが入らず、宇宙の知性が起こす癒しにすべてを委ねるだけで、宇宙との間に大きなつながりが生まれるのです。

先進的な医療現場でも画期的な効果をもたらす代替医療として広く実践されていて、その実在は、アメリカのアリゾナ大学など多くの研究機関において原子物理学と量子力学の理論により証明されているそうです。

リコネクティブヒーリング®で用いられるエネルギーをリコネクティブ周波数と呼び、この周波数に人々が同調・共鳴を起こすことにより、魂・精神・肉体のバランスが一瞬にして取れ、その人の全体性を持った癒しや進化が永続的に起こり続けます。特定の治癒を目的としたものではなく、本来の人としての豊かさとバランスを取り戻し、進化を加速させるものであり、全体性を持って癒していくものです。

私がこのヒーリングの好きなところは、プラクティショナー(施術者)の判断でクライアントの問題箇所を探したり、否定的なものを取り除いたり、あるいは必要だと思われるエネルギーを送ったりすることがないというところ。
プラクティショナーの位置づけは、ただこの宇宙からの周波数の導管となりそれをクライアントに同調(共振)させるだけ。このプラクティショナーになるためにセミナーを受けてきます

東京から戻ってきたら、対面ヒーリング・遠隔ヒーリング・プレゼントヒーリング (大切な方やペットへ)を始めます

体に不調を感じている方、メンタルな問題を抱えている方、特に気になる症状はないけれど人生をシフトしたい方、妊娠中の方、お子様、高齢の方、医師よりお薬を処方され飲んでいる方など、どなたでも受けていただけるヒーリングですので、気になった方はどうぞご連絡くださいませ  09074542350(Cメール可)

「東京行ってくる」とお友達に話をしていたら、もう3人の方からセッションの申込みがありました。ありがとうございます。セミナー頑張ってきます。

長くなりました。最後まで読んでいただきありがとうございます。   
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply