FC2ブログ

Welcome to my blog

2015

セッションルーム

0 0
リコネクティブ・ヒーリング®のセッションをスタートして一ヵ月
対面セッションはこんなところでやっています

レンタルサロン


宮崎市内のセッションルームです
とてもセンスのある素敵な方がプロデュースされているサロンでセッションをさせていただいています。




レッスン室ベッド


こちらは、私の実家(児湯郡)の敷地内にあるピアノのレッスン室です(^^ゞ
近辺にお住まいで、レッスン室でもOKの方は、こちらでセッションをさせていただいています。
レッスン室なので、普段はマッサージベッドは折りたたんで邪魔にならない場所に置いてます。


友達に写メしたら、「いい感じじゃん!『音楽とヒーリングの小部屋・シェ・チヨ』なんてね!」と返信が(笑)

エリック・パールは5年前、詩人の銀色夏生さんとの対談で、「ヒーリングというのは、命の音楽です。愛と光の音楽です。」と話しているので、『音楽とヒーリングの小部屋』というネーミングも悪くないかも


エリック・パールのサイン


このマッサージベッドは、セミナーで使用されたベッドで、エリック・パールのサイン入りなのです
セミナー会場には50台ぐらいのマッサージベッドが準備させていましたが、セミナー終了後に販売されると聞いていたのでサインが入っていなくても申し込むことに決めていました。色は4色あったので、ライラックを希望していましたが、届いたのはオフホワイト。

さすが宇宙 私が家具を全部ホワイトに統一しているから合わせてくれたのね(笑)

セミナー初日はサイン会で数百冊の本にサイン。セミナー開催中にはマッサージベッド50台全部にサイン。
まぁまぁまぁ…エリック・パール様、本当にお疲れ様でした。

エリックは、日本が大好きらしく、セミナーでは「幼少の頃に住んでいたロサンジェルスの家は日本家屋だったんだよ。来日中、僕は日本人のつもりで外を歩いているけど、みんな僕を外人だという目で見るんだよね。」と私たちを笑わせてくれました。

銀色夏生さんとの対談でも「ぼくにとって日本というのは、特別な意味があるんです。4~5歳のとき、僕は日本に魅了されました。中国とか韓国じゃなく、日本なんです。僕は、いつも自分の中で何かが欠けていると思っていたんですが、日本に来て、ようやくパズルのピースがはまった気がしたんです。まだ、全体像は見えないけど、ピースが欠けている感じはなくなりました。」と話しています。

対面セッションは、マッサージベッドに仰向けに寝ていただきますが、私は本を読む前まで「どうして横にならないといけないんだろうと思っていました。本にはこう書いてあります。
『主な理由は、ほとんどの人たちにとってこれが最も快適な姿勢であるだけでなく、自分たちの体験を最大限に受容および認識できるようにしてくれる。最も「オープン」な姿勢だからだ。』

ただ、クライアントさんには最も楽な姿勢を取ってもらうことを優先してセッションを進めますので、仰向けになることが難しい方や、身体の部位に問題を抱えておられる方は、その方が快適に受けられるよう対応させていただいております。

また、何かを感じたり、聞いたり、目を閉じているのに何かを見たり、香りをかいだり…というような体験をされる方もいらっしゃいますので、どちらのセッションルームでも、セッション中はカーテンを閉め、明るすぎも暗すぎもしない照明で、音楽などを流さず、香りのしない空気の綺麗な部屋にしています

セッション時間は約30分です

回数ですが、基本的には1回~3回でその人に必要なことが確実に起こり始めます。
ご自分の感覚・直感で必要と思われる回数をお選び下さい。

セッション後に、日々の物事の展開が加速していく人もいます。
半年や1年など時間が経過して、大きな変化が訪れたり、何かの節目にまた受けたいと思われたら、改めて1回~3回程度お受けになると良いと思います。

ヒーリングは終点ではなくて道程なのだ。セッションが終わっても、ヒーリングのプロセスが止まってしまうことはない。なぜなら終わりなどないからだ。あなたは常に今よりも良い状態へと進化できるのだ。(中略)
セッションは何回必要なのか?ヒーリングを受け入れるのにかかる回数だ。二つとして同じ形の雪片がないように、二つとして同じヒーリング・セッションはない。患者に関しても同じことが言える。ある人は数回のセッションを選択するかもしれないし、またある人は一回のセッションを選択するかもしれない。これは治療ではないし、継続的にやってくることが要求されるわけでもなければ、望ましいわけでもない。(中略)
また、このヒーリングの目的は、処理することではない。患者は泣いたり、過去の苦しい体験を思い出しながらマッサージベッドに横たわっている必要はないのだ。「痛みなくして得るものなし」という概念は、もはやまったく適用されないのだ。
(リコネクションp241-243)


新たな扉を開け、加速する変容の旅を、光輝く笑顔で軽やかに進んでいきましょう!
お問い合わせ&お申し込みはunusual space ☆Light Smile☆ 090-7454-2350(C-mail可)


リコネクティブ・ヒーリング®は医療行為ではありません。特定の健康問題の診断、及び治療を行うものではありません。現在お受けになっている医学的治療やそれらの管理、またお客様の健康管理は、お客様ご自身の責任において行なっていただきます。対面セッションをお申し込みの方は、セッション前にこれらのご注意事項にご承諾のご署名を頂いておりますが、遠隔ヒーリングにお申込み頂いた方は、お申込みの時点でご承諾下さったものとさせて頂きますので、ご了承ください。
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply