FC2ブログ

Welcome to my blog

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015

導管・触媒

0 0
前回は、「脱・○○○スピリチュアル」というタイトルのブログでしたが、リコネクティブ・ヒーリング®も、ゆるふわでもなく、その時だけ気持ちいいヒーリングでもないし、プラクティショナーが分かったふりして解釈したりもしません。

そして、プラクティショナーがクライアントをスキャンしたり、エネルギーを送ったりすることもしません。クライアントの身体には触れずに、ただこの宇宙からの周波数の導管となりそれをクライアントに同調(共振)させるだけです。

「ヒーリング」というと、どうしても、ヒーラーがエネルギーを送ると思われてしまいます。そして、そのヒーラーになる人も「特別な能力を持っている人たちなんでしょう?」とよく聞かれます

エリック・パールは、銀色夏生さんとの対談で、「リコネクティブ・ヒーリング®は、従来のヒーリングの神秘的な側面を、全部取り払うことができます。そろそろヒーリングを起こすのはやめましょう。それを超越して、ヒーリングそのものになるんです」と言っています。

何かを『加え』ようとすること、『改善しよう』とすることは、そこに顕現しているものを僕たちから、そしてその完全性から、どんどん遠くへ押しやってしまうことになるだけだ。(リコネクションp186)

リコネクティブ・ヒーリングを行っているとき、診断するとか、原因を探るということは不要なばかりか妨げにさえなるかもしれない。僕が患者について知っていることが少なければ少ないほど、うまくいくことが多いと僕は信じている。なぜなら、その方が、意識的にしろそうでないにしろ、セッションを指揮しようとしないからだ。指揮しようとしなければしないほど、その分、宇宙に指揮する余地を与えることになり、より素晴らしい効果を得ることができる。脇にどいているときに、あるレベルの優雅さとやすらぎが生じるということなのだ。
ヒーリングにおける僕たちの役割が、正確には、いったい何なのかということを、絶対的な確信を持って知ることはないかもしれないが、神や普遍的知性を出し抜くことではないことは確かだ。
(リコネクションp192)

このヒーリングの概念を理解してもらうのは難しいのですが、たまに、詳しく説明しなくても「なるほど~もうそういう時代になったのですね」とすぐに分かってくださる方との出会いもあります。

敏感肌の私でも安心してパーマやカラーができる美容室がないかと探していたときに出会い、8年前からお世話になっている「イチロー美容室」(宮崎市恒久)のご夫妻は、ご主人の一郎さんの病気をきっかけにビーワン水を使った施術をされています。一昨日、4ヵ月ぶりにパーマをかけてもらいましたが、リコネクティブ・ヒーリング®のリーフレットを奥さまの京子さんにお渡しすると、サッと目を通されただけですんなり理解してくださって、「プラクティショナーはこの周波数の導管(触媒)になるだけなんです」とお話すると、お二人揃って「ビーワンと同じですね~」と、リコネクティブ・ヒーリング®にもとても興味を持ってくださいました。

一郎さんは、私が「セッション前にクライアントさんの情報を詳しくお聞きしませんし、セッション中の体験についても解釈しないんです」と話せば「ん~素晴らしい!」

「すべてを委ねるんです」と言えば、またまた「素晴らしい!」と(笑)

何を話しても「素晴らしい!」(笑)

そして最後は、私の髪に触れながら出来上がりを確認して、「ん~いいですねー」とご満悦のようでニンマリ

毎回こんな感じなので、私はいつも心の中で「おいおい、私が満足したかどうか聞いてよ!」と思いながら鏡越しに一郎さんを見ているんですけど気づきません(笑)

それがいつも面白くって

一郎さんは天然です…って、学校の生徒たちから「ザ・天然」と言われた私が言うなって?

奥さまの京子さんから「チヨさん、すごくイキイキしてる プラクティショナーになられて良かったですね」と言っていただきましたが、一郎さん&京子さんとの会話がとても楽しかったからですよ~

イチロー美容室では、頭皮洗浄(ヘッドスパ) もされています。気持ちいいですよ~
スポンサーサイト

- 0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。