Welcome to my blog

2015

自分と仲良く①

0 0
「ツキを呼ぶ魔法の言葉」という本の著書、五日市剛さんは、すべてがうまくいかないときに、イスラエルのおばあさんに出会ったことで人生が激変したそうです。

「ありがとう」を最も言うべき先は自分であり、苦しいときこそ自分に向かって感謝することが大切だと言われます。

ハワイにも「ホ・オポノポノ」といって自分自身に愛や感謝を唱えることにより内側をお掃除するという文化があるそうです。

もしかしたら世界中で継承されている知恵なのかもしれません。

がんを克服した杉浦貴之さんも「治癒と感謝は切り離せない。癒しは自分を受け入れ抱きしめることから始まった」と話していました。

心と体のバランスをとるには、自分自身と仲良くなることが必要不可欠なようです。

簡単ではありませんが、「ありがとう」という言葉はひとつの鍵になるかもしれないと、五日市さんの澄んだ深い瞳を見ながら感じました。

(2012年2月14日 宮崎日日新聞掲載「ヒトの体は小宇宙」 綾町 保健師 柏田ひろみさん)

ありがとう

これまでチャネリングセッションを受けられた方の中には、深刻な悩みを抱えている方も多くいらっしゃいました。

チャネリングをすると、過去の自分に対して罪悪感を持っていたり、もっと、それ以前の、過去生での自分の人生を悔やんでいたり…。ほとんどの方が、ご自分を責めていました。

自分を責め続けていると、周りから責められたりといった苦しい状況を創ることになってしまいます。

「もう自分のことを許して、認めてあげて、過去ではなく今を生きていきましょうね」とお話しさせていただくのですが、その後、メールやお電話をいただいたり、直接お会いして、少しずつ変わられていく姿を見ると、私も嬉しくなります

「ありがとう」

素敵な言葉ですね
スポンサーサイト

0 Comments

There are no comments yet.

Leave a reply