スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
翔んでいく
2016-12-07 Wed 20:06
なんと、3月末から借りていた家を出て、10月18日からSさんのセカンドハウスで暮らすことになった。

2014年に実家を出て、もう5回目の引っ越し。

あっちに行ったりこっちに行ったり…

いつになったら一所に落ち着いて生活することができるのだろう。

暮らし始めて少し慣れてきた頃に、動かなければならない諸事情が発生する。

そして、今の場所の徒歩1分のところにもまた神社がある。

生前、私のことをとても可愛がってくれた父方の祖母がこの神社の近くで暮らしていたので、こどもの頃はよく境内で遊んでいた。高校時代には神社からの依頼で、大晦日の日付が変わる少し前から元日の朝まで巫女さんのバイトをしたこともある。

徒歩1分のところにあるのに、あまりにも忙しく、お参りできたのは越してきてから一カ月が経った11月19日。

知識人より心豊かな人に」でも紹介したことのあるFちゃんが、宮崎から会いに来てくれるというので、神社の駐車場で待ち合わせをして一緒にお参りをさせてもらった。

来春ママになるFちゃんからは、可愛らしいガーベラの花束と美味しいスイーツをいただいた。いつも素敵な贈り物をありがとう。今度は私が、ママになった彼女と可愛いbabyに会いに行こう! 

Sさんのセカンドハウスと廊下で繋がった隣にはアトリエがある。隣町のご自宅から毎日アトリエに来られるSさんは、料理が苦手な私のために、スープやお味噌汁を持ってきてくださるが、今は苦手だからじゃなく料理をする時間もないほど忙しいので、本当に有り難い。アトリエにはキッチンもあり、パンを焼かれたときには持ってきてくださる。焼きたてのパンはたまらなく美味しい。

「知識人より心豊かな人に」で紹介したもう一人のお友達のMちゃんも、新米を炊いて、冷凍して備蓄できるように小分けにしてラップに包み持ってきてくれたり、他にも必要な物を買ってきてくれたりと助けてくれる。

優しい人たちと親しくさせてもらえてることにいつも感謝の気持ちでいっぱいだ。大変なときには周りの方々の優しさが心にしみる。

イシス

引っ越しをすることがまだ決まっていなかった6月、急に、実家の敷地内にあるレッスン室の2台のピアノを、必要なところにお嫁に出そうという気持ちになり、8月になって、小学生の頃から弾いてきたアップライトピアノは、ご近所の3歳の女の子がいるお宅へ、レッスンで使用していたグランドピアノはジャパンピアノサーピスに買い取ってもらった。

アップライトピアノが運ばれていくときは少し寂しい気持ちにもなったが、前から「先生」をやめたいと思っていたのでスッキリすることができた。

それと、チャネリングセッションで、受け取ったメッセージを伝えることにもだんだんと違和感を覚えるようになっていたので、今は個人セッションをお休みさせてもらっている。

イラストレーターのM.Kさんに会うとよく「一度くらい私も視てほしい」と頼まれていたが、彼女は自分に必要なことをキャッチできる人なので、自分の内側から湧き出たものを信頼してほしいと思い、6月に画家のご主人との夫婦展を見に行ったときにも「自分で感じたもので大丈夫だから」と言ってしまった。

12月にブータンに行くらしいが、戻ってきたら、また新たな世界を表現されることだろう。

そういえば私も、「日本で寒くなる頃にエジプトへ行かなければ」と心の準備をしていたが、今、それどころではなくなってしまった。

3月に「早くエジプトへ行くように」と入ってきた、あれはいったい何だったのだろうと思っていたが、友達(アトランティスの父)が、「あのときは、Chiyoちゃんがエジプトに意識を向けることが必要だったんだと思うよ」と言った。

最近になって、あの神社で起こったことを思い出していると、あのとき授かったものを使ってエジプトへ行けと言われたのかもしれないと思うようになった。

ということは、時空を越えたところで起こっている出来事となる。

古代エジプトへ降り立つ前に、同じような場面があったのかもしれない。エジプトにいたときは人間ではない姿で存在していた。過去形で書いているが、元々、時間というのはないので、私の意識体は今もエジプトにいるということになる。

ネットで格安ツアーを探したりもしたが、友達が言ったように、実際に行くのではなく、エジプトに意識を向けるだけでOKだったのかもしれない。エジプトに行かなくても、今もエジプトにいるのだから。

あれから度々、横になっているときに瞼の裏に現れる数々の宇宙船。

船内が映っていることがある。体が揺れていることもある。

宇宙船に乗っていることに気づいたのは、この揺れを感じたときだった。

11月10日の夜、ベッドに横になり瞼を閉じるとピラミッドが現れ、しばらくすると内部へ入る石段が視えて、そこへ吸い込まれていったが、それからすぐに眠ってしまったようで、そのあとどうなったか覚えていない。

時間のある次元からすると不思議なことかもしれないが、宇宙船に乗ってエジプトに降り立ち、ピラミッド内に入っていった私(意識存在)がいる。

14日の夜は、久しぶりにお月様を眺めることができた。

懐かしい。胸がジーンとする。

すると、月に向かって両手が動き出し、しばらく不思議な動きをしていた。

前に暮らしていたアパートのドアの前に立ったとき、神社に行ったとき、部屋にいるときにも同じように手が勝手に動き出すことがあった。

こんなとき、自分の体だけど、自分の体じゃないような、そんな感覚がある。

背中の翼のあたりがこの半年の間にまたピリピリうずくようになった。

こうなったらもう、どこまでも翔んでいくしかない。




別窓 | 2016 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
infinity
2016-09-19 Mon 11:38
6月末から自分の時間はほとんど取れなくて、少しの時間があれば体を休めたいと思っているのに、今月2回目の更新。

前回の記事は6月に書き留めていたものを急にアップすることになり、慌てて編集して記事に。

今回は、さっき、パソコンのメールをチェックしている間、自分のブログのことが気になっていたのだが疲れていたので少し眠ろうと横になったとたんに頭に入ってきた言葉

インフィニティ

この言葉をブログタイトルに追加するってことらしいので、結局すぐに体を起こして、またパソコンの前に座っている(*_*;

言葉の意味が分からなかったので調べてみると…

infinity
1. 無限であること、無限性
2. 無限の宇宙[時間・空間]
3.〔数えられない〕無限の[膨大な]数量
4.《数学》無限大◆任意のどの数よりも大きな数で、∞で表される。
5.《数学》〔幾何学の〕無限遠◆ユークリッド平面上の平行線が交わる、仮想的な概念。
6.〔レンズの焦点距離の〕無限遠◆レンズの焦点を無限遠記号∞に合わせたときにピントが合う距離の範囲。


今日からこのブログタイトルは

時空を超えて ~ infinity ~

になったけど、これから何を書いていくことになるんだろう

ブログ…やめようと思っていたのにな…

infinity








別窓 | 2016 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
自分自神
2016-09-11 Sun 12:29
3月末に視えたヴィジョンが何のことを意味しているのか、4月末になって解り、また神社へ行くことになってしまった。去年も一昨年も一度も神社へ行くことがなかったのに今年に入って四ヵ所目。飛行機ではなく車で行けるところだったからよかったが、行動範囲の狭い私にとっては少し遠く感じられる距離だった。

今度は一人ではなく、Kさんと一緒に行く必要があったので、5月23日にKさんと一緒に、初めて霧島東神社を訪れた。

Kさんとは知り合って12年になる。ちょうど平原綾香さんのデビュー曲『ジュピター』が大ヒットしていて、二人で一緒に聴いたこともあったが、Kさんとは初対面のときからどこかで出逢ってる人だと懐かしさがこみ上げてきたのをよく覚えている。

それから少しずつ、この星にくる前からの深い繋がりのある人だということが解ったが、今回、まさか一緒に霧島東神社へ行くことになるとは想像もしていなかった。

数年前から何度か古事記に登場するような姿を視ることがあり、その頃はそれが何を意味するのかよく理解できずにいたが、3月末に視えたヴィジョンとの繋がりが、4月末になって、Kさんとのメールのやりとりの中でピンときて、「これはすぐにでも行かねば!」と、Kさんを誘うことになった。

Kさんには勿論、どうして一緒に行くのかを話しておいたが、あまりピンときてない様子だった。それでも付き合ってくれたことに感謝している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

霧島東神社へ行く一週間前の5月16日の朝、何となく、家の裏にある神社が気になり一ヵ月半ぶりに行ってみた。

本殿は隠され拝殿もないので参拝することもできない不思議な神社。結局、境内入り口付近にある石碑の前で、霧島東神社へ行くことになったと報告すると『頭を垂れて、そのまま進みなさい』という言葉が頭に入ってきた。

そのまま・・・?

そのままの意味がすぐには解らず、頭を垂れての言葉の通りに、頭を下げて自問自答を繰り返しながら参道入り口の鳥居まで戻った。

22日の夜はなかなか寝付けなかった。そして、また宇宙船が飛行しているのが視えたので、「ヨシ!今日はコンタクトを取ってみよう」と試みたが、そうすると宇宙船が消えて何も視えなくなった。

結局、朝まで何回も目が覚めていつものようにぐっすり眠ることができなかったが、3月11日から新しくなった愛車のナビのおかげで無事に霧島東神社へ辿り着くことができた。

お天気も良く、行く途中に見える霧島連山の美しいこと!

霧島東神社は、御池を一望できる高台にあった。

鳥居を潜り石段参道を上がっていくと、社殿への参道途中にある猿田彦神社の前で足が止まった。

中にある銅鏡を『見ていなさい』…と。

じっとその鏡を見つめていたが、何も視えないし、何も聴こえない。
上空の雲の流れが早く中が明るくなったり暗くなったり…。
しばらく鏡を見つめていたけれど何事もなく、拝殿へと向かう。

拝殿の前に立ち、目を閉じて手を合わせていると、頭がふらふらしてきたが、Kさんや他の参拝者に体が揺れていることを悟られないようにバランスをとって踏ん張って立っていた。

「元旦の大御神社からの流れで、様々なことが起こり、今日はここに来ることになりました」と伝えると、あるメッセージをいただいた。そして、また・・・。

「○○を授けよう」

・・・

ふう~

前もそうだったが、神社で私が授かるものは、いつも私個人の為に使うものではないから荷が重い。

今回はKさんとのペアでの参拝だったので2人一緒に何かあるのかと思っていたが、マイペースなKさんと私は別行動のような参拝になって、Kさんは「な~んもなかった」のだとか(笑)

私は帰りの運転中ずーっと、瞼とこめかみがピクピク動いて落ち着かなかった(>_<)

家に帰り着き、裏にある神社のほうを向き、霧島東神社へ行ったことを報告すると、私の両手が拍手を始めた。
そして、「めでたいめでたい」と何度も声が出る。

んーーーー

何がめでたいのか分からないけれど、とりあえず無事何かを果たせたような感はあったから良かった。

数日後、どうして鏡を見つめることになったのかピンとくる

自分だ!

自分自神

『頭を垂れて、そのまま進みなさい』は、今の自分のままでオッケーということだ!

今、一瞬一瞬の私でいい

自分でいよう

自分自神で

光






別窓 | 2016 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
空(くう)
2016-06-14 Tue 16:10
Sさんは、元小学校の養護教諭で、退職後は華道教室・パン教室を開設され、趣味はテニス・絵画・コーラス…と、とても充実した毎日を送られている。スクールカウンセラーもされていたので、今はセカンドハウスを子育て支援の場所として提供し、そこに集う方々の応援をしておられる心優しい方だ。

今年の2月1日、Sさんのセカンドハウスでお茶をご一緒していたときに、こんなことを仰った。

「生け花は、空間がとても大事なの。人間関係も空間(距離感)が大事でしょ? だからね、私は“空”という字が好きなの」

(くう) ・・・ 懐かしい響き。

その日の夜になって、二十歳前後に般若心経の写経をしていたことを思い出した。

色即是空・空即是色

万物の本質は“空”である

Sさんとの出会いの中で、この言葉を思い出すことも私にとっては大きな出来事の一つとして用意していたのだろう。

それから2週間後の2月14日、この世を超越して生きているような人を間近で見ることができた。
金澤泰子さんの講演会があることを知り、母・友人と一緒に行ったのだが、女流書家の金澤翔子さんのパフォーマンス(席上揮毫)もあり、約2時間、感動しっぱなしだった。

講演後、購入した本に翔子さんからサインをしてもらったが、そのとき私の手にそっと触れてくれた翔子さんの柔らかい掌の感触は今でもハッキリと覚えている。

翔子さんは計算ができないので2+2も分からない。時計も読めない。勝ち負けの意味が理解できないので、ジャンケンのルールも判らない。人間の世界ではダウン症とされている。

でも、ダウン症は病気ではない。
障害という言葉は、この人間界で使われている言葉で、彼女は知能がないのではなく、知能は要らないのだ。

『今、とびっきり幸せそうに生きている翔子は、社会の構造もお金のことも分かりません。だから世俗の欲望も持っていない。そんな翔子の魂は、この世の根源的な唯一のエネルギー「愛」と一体化しているに違いありません』

『この学歴社会の中で試験を受けたことがないので、試されることもなければ、人を試すこともない。人をうらやんだり、妬むことも、憎むこともない。競争することを知らず、勝ち負けとは無縁の世界にいます』

『水際立った純度の高い魂は、宇宙に満ちているただ一つのエネルギーと溶け合っているのだと思うのです』(金澤泰子著「涙の般若心経」より)

涙の般若心経

若い頃から般若心経を唱えていた泰子さんから書道を習い、10歳から般若心経を書き始めた翔子さん。
私は一生かけても到達できない世界で生きている翔子さん。
そんな方が今、この世に降りてきてくださっている。
2016年2月14日バレンタインデーに、翔子さんとお会いすることができたことに心から感謝した。

若い頃に唱えて書いていた般若心経をおさらいしてみよう。
落ち着いて写経をする時間はまだとれようにないが、読誦することはできそうだ。

昔、ゆるふわスピリチュアルが好きだった頃にやっていたこと(願い事・アファメーション・石・イメージ・引き寄せ・ビジョンボード・・・)は、すべて要らなくなったので数年前からもう何もやっていない。

金澤翔子さんのように超越している方と出会うと、その世界に少しでも近づきたいと思う。

Sさん、金澤泰子さん、翔子さんとの出会いで、般若心経と再会することができた。
外側でどんなことが起きようと、心の中は平静でいられるように、バランスをしっかりとって、穏やかでいたいと思う。

自分自身の中心をいつも感じながら生きていきたい。

蓮









別窓 | 2016 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
宇宙船と共に
2016-05-10 Tue 15:46
宇宙
3月23日に私が授かったものは、私だけのものではない。目に見えるものでもなく、いつそれを使うことになるのかも、まだ分からない。大変なものを授かってしまった…とその重さを感じ、戸惑い、それからはずっと緊張しながら過ごしている。

誕生日(3/26)の前夜、ベッドに横になり目を閉じるとヴィジョンが映し出された。
美しい森の中、美しい光が降り注いでいる。
その森の奥から少年が乗った馬がすごい勢いで走ってきて、私の目の前で宙へと羽ばたき、ペガサスになった。
そのペガサスは姿を消し、その後、大きくて美しい剣がしばらく視えていた。

何なんだろう。何のことだかよく分からなかった。
翌日は朝からイベントの手伝いに行くので早く寝たいのに、こんなヴィジョンが視えるなんて…。

ベッドの中でいろんなことを考えながら時間が過ぎていく。
眠ったのかよく覚えてないが、遠赤外線ヒーターのタイマーが切れる音でハッとする。
タイマーが切れたのは、日付が変わろうとする頃だった。
そのタイマーが切れた音を聞いたとき、「宇宙船が着陸した」と直感した。
着陸したのは、イベントが開催される場所。

熟睡できないまま朝を迎え、体がだるかったが出かける準備をしてイベント会場に向かった。
宇宙船が着陸したといっても、人々の目には見えないようになっている。
この日は大勢の人たちが集まってきていたが、誰か気づいた人がいただろうか。
雨の予報だったが天気が回復し、午前中に吹いていた風もやんだ。
準備も順調に進み、イベントも成功。スタッフの人たちは皆とても喜んでいた。
宇宙船が着陸した証拠がイベント会場には残っている。
それを見て、宇宙船を想像する人はいないだろう。だが、確かにその場所に着陸したのだ。

翌日は疲れで頭が重かった。体もきつい。食欲もない。
何を思い出したのか分からなかったが、急に声を出して泣き出してしまった。
疲れるゎ~・・・私って、何者?

誕生日ケーキをいただいていたので、昼食と夕食はケーキを食べて、とにかく早く寝ることにした。

引っ越しの準備でバタバタと毎日が過ぎ、迎えた引っ越し前夜、そろそろ寝ようとベッドに横になり瞼を閉じると、光る物体がくるくる回りながら動いて、波のように揺れる雲のようなものの中に消えてはまた現れ…の繰り返し。途中で金属で出来た人工衛星のようなモノも出てくる。

いつまでくるくる出ては消えてが続くんだろう…このまま朝まで眠れなかったらどうしようと思っていたら、また遠赤外線ヒーターのタイマーが切れる音で落ち着いた。

そのあと眠ったのかもよく覚えていないが、気がついたら朝になっていた。
前日の夜、空には満天の星が輝き、盛大な祝福をしてくれているのがハッキリと感じられた。
私のお引っ越しがそんなにめでたいことなんだ…。
31日の天気予報は雨になっていたが、こんなに星がきれいに輝いているからもしかしたら晴れてくれるかも…と少し期待したが予報通り雨だった。

引っ越しは午後になっていたので、午前中、引っ越し先の隣にある神社へ行ってみた。
前回と違い、少しは冷静でいられたので、境内の奥まで入ってみると、隠れるように古くて小さな本殿があった。
本殿の前には神社とは関係のない大きな建物が建てられ、本殿は表からは見えないようになっている。
拝殿もないので手を合わせて拝むこともできない。不思議な神社だ。本殿を隠す必要があったのだろうか。
しばらくその場所にいたが、本殿には何も感じるものがない。

そっちにはいないよ

石碑のほうから聞こえてきたので、もう一度、石碑の前に立つと、また、私の口が動きだした。

これから…、これからですね
と言うと、顔がニヤけたまま口がしまらなくなる。
何がこれからなのか意味が分からない。

頭の中は???のまま、実家に行き、業者からの連絡を待った。
午後1時になり電話が入る。

引っ越しはいつも依頼している業者さんに3ヵ所(借家・実家・セカンドハウス)に置いてある私の荷物を運んでもらったのだが、その途中で引っ越し屋さんがこんなことを言った。「あれだね! 三ヵ所に置いてあるって、三角形って感じだね!」

この人も、私が何者なのか知っている。
大屋さん、運送屋さん、手伝いに来てくれた友達・・・。

私の引っ越しに関わる人たちは皆、生まれてくる前から決まっていた私のシナリオの配役をちゃんと演じてくれているのだ。
みんな、こうやって、本当は何もかも知ってるのに思い出さないようにして生きている。

3月31日の午後、雨の中、何とか無事に新しい住まいへ引っ越すことができた。

掃除道具を持って手伝いに来てくれた友達は、床や窓ガラスを綺麗に拭いてくれた。本当に有り難かった。
おかげで新しい家での生活を気持ちよくスタートすることができた。

連日、寝不足気味だったので、荷物の片づけは後にして、日付が変わる前に休むことにした。
すると、また…。

全面ガラス張りの三角形(立体)が視えて、ゆーっくりと回転しながら下降してきた。
すると、その三角形が低くなり幅が長~くなって定着。
定着した場所は、今、私がいるところ。。。

今回の私の移動は宇宙船が共に動いている。

数年前にも、宇宙船に乗っている感覚を感じることがあった。
仕事中によく揺れを感じていた。

この星にくる前、宇宙船に乗っていた自分のことを思い出したのもその頃だった。
その宇宙船はシリウス船だった。
地球の様子を伺いに出向いた後、シリウス船に戻ったが、乗り込む前に霧のシャワーをかけられた。
消毒のように思えた。外部から船内に入る時には浄化処置を受ける必要があるのだろうか。
その後、歯科にある診察台のようなベッド(?)に横になっているのが視えたが、その周りに何人(何体)もの存在たちがいた。
何が行われていたのかはハッキリとは分からないが、しばらくして再び地球へと降りていった。
他にもたくさんの存在たちが降りていくのが視えた。

6年前から他の星や異次元にいる自分を思い出すようになって、子どもの頃から起こり続けた不可思議な現象の謎が少しずつ解けてきている。

それでも私は肉体を持って、今、地上で生きているのだ。
怒涛の如く起こる変化に翻弄されることもある。

何度も、普通の人生を送りたいと思った。
特別なことはいらない。
普通に結婚して、子どもを産んでお母さんになるのが夢だった。
二十歳前、その夢が叶えられないような気がして、こんなにしんどいなら今すぐ消えたいと空を見ながら泣いたことがあった。
この世から消えることもできない、生き続けることもしんどい。
その頃、写経をして心を落ち着かせていたのを覚えている。

また写経をしたら、少しは落ち着くだろうか。
そんな時間、今は作れそうにないな・・・。


前回の記事をアップした後に、拍手ボタンを表示させないようにしました。
これまで読んでくださった皆さま、拍手ボタンを押してくださった皆さま、コメントを寄せてくださった方、本当にありがとうございました。


別窓 | 2016 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
BACK | 時空を超えて ~ infinity ~ | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。